在籍確認の電話

キャッシングで、避けては通れない在籍確認。その対応方法は?

電話オペレーター

 

キャッシングの借入審査でどうしても避けては通れないのが、電話による在籍確認です。

 

申し込みの際、職業や勤務先などを申告しますが、本当にその会社に籍があるのか、つまり嘘がないかを、実際に勤務先に電話をかけてきて確かめるものになります。

 

では、その在籍確認の電話内容とはどのようなものか、具体例をみてみましょう。

 

電話を取り次いでもらう場合の例

 

アコム担当者

 

わたくし、三島と申しますが、平岡様はいらっしゃいますでしょうか。


電話を取った同僚

 

はい、少々お待ちください。


〜 電話の取り次ぎ 〜

 

自分

 

お電話かわりました。平岡です。


アコム担当者

 

アコムの三島と申します。こちらのお電話で、在籍確認ができましたので、ご安心ください。ありがとうございました。


※ 会話内容や名前は、あくまで一例となります

 

この程度のやり取りで、在籍確認はおしまいです。要は、申し込みをした方が、会社に在籍していることさえ確認できればよいのです。

 

したがって、もし自分が、外出や会議やランチで、席を外していた場合でも、在籍していることがわかれば、それで確認完了となります。

 

不在時の例

 

アコム担当者

 

わたくし、三島と申しますが平岡様はいらっしゃいますでしょうか。


電話を取った同僚

 

申し訳ございません。平岡はただいま、外出しております。


アコム担当者

 

そうですか。では、またご連絡いたします。


※ 会話内容や名前は、あくまで一例となります

 

不在の場合でも、これで、きちんと会社に在籍していることがわかりました。通常、あらためて電話がかかってくることはなく、在籍確認はこれで完了となります。

不在の場合と、電話応対可能な場合

金融会社や担当者によって、多少の違いはありますが、在籍確認の流れは上記のようなものですので、あまり神経質に心配する必要はありません。

 

個人名でかかってくるのが気になるという場合には、「クレジットカードを作ったので、在籍確認の電話があるかも」と、事前に周囲にいっておくか、電話を取り次いでくれた同僚にだけ、そう伝えれば、不自然ではないはず。

 

ほかには、生命保険の営業や、親戚から法事の連絡という言い訳もありでしょう。

 

なお、どこの消費者金融も同じで「在籍確認なし」は、ありません。必須です。ですので、在籍確認の有無にこだわるよりも、むしろ、自分にあった金融会社を選ぶことが大切といえます。そこで、おすすめの金融会社を、以下に紹介します。

 

おすすめの金融会社

アコムのおすすめポイント

アコム

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループなので安心
  • 初めての人なら30日間無利息
  • 最短30分で審査完了と、他社よりも非常に審査が早い!
  • 利息は、利用日数分だけ返済する日数計算式を採用

 

アコムはこのようなメリットがあります。お金を借りることが目的ですので、こうした実利はとても重要です。

 

 

http://www.acom.co.jp/(アコムはこちら)

 

 

書類で対応可能なケースも!?

なお、アコムでは原則、在籍確認がありますが、やむを得ない事情がある場合、社員証や勤務先名の入った健康保険証、源泉徴収などのコピーを提出することで、在籍確認に代えてもらえるケースもあるようです。

 

不安な人は、ネットから申し込んだ後、メールや電話でオペレーターから連絡がありますので、このときに在籍確認の方法について相談してみてください!

 

その他

テレビCMでお馴染みのアイフルも人気の高い消費者金融です。こちらも申し込みの際、またはインターネットで申し込んだ場合は手続きを終えたらすぐに電話をかけてオペレーターの方に相談してみてください。これらの書類で在籍が確認できないと判断された場合は、印鑑証明の提出などを求められることもあります。

 

 

電話連絡なしのキャッシング

とはいえ、どうでしょう? ふだんは会社に個人が電話してくること自体が少ないですし、わざわざ電話口に呼び出してあっという間に用件が終わるのも、どことなく不自然ですし、やっぱり不安という方もいますよね。

 

勤務先に電話は避けたい! こんな方は、次の消費者金融を利用すると、書類審査だけで在籍確認を済ませることが可能です。

 

必要書類はスキャナや携帯電話のカメラで画像を送信します。慣れていない方は書類の画像化に少し手間取るかもしれませんが、その代わり24時間いつでも手続きができますし、わざわざ店舗に行かなくて済むので、誰かに見られる心配がないのもいいですね。

 

電話連絡なしも可能なモビット

 

モビットは電話連絡なしで申し込みできる、大手では唯一といっていい消費者金融です。

 

下記リンク先から「WEB完結申込」を選択してください。

 

社会保険証または組合保険証、それから直近2ヵ月分の給与明細や源泉徴収票など、本人確認書類として運転免許証またはパスポートが必要です。これらの書類はモビットのアプリで送信することになります。

 

なお、サービスを利用するためには、三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行に口座を持っていることが必須条件です。

 

 

http://www.mobit.ne.jp/(モビットはこちら)

 

 

在籍確認に関するQ&A

電話

 

ここでは、在籍確認についてよくあるQ&Aをまとめてみました。あくまで一般的な話ですので、申し込みする消費者金融、銀行によって異なる場合があります。気になる方は、必ず個別に確認して対応してください。

 

 

派遣社員の場合の在籍確認は、派遣元、それとも派遣先? アルバイトの場合は?

在籍確認は、正規雇用の社員に関しては勤務先に電話することになっているので、自分が電話に出ることさえできれば周囲にばれる心配はありません。しかし派遣社員やアルバイトの場合は? どうなるのか気になりますよね。

 

派遣社員の場合は、契約の申し込みを行った時点で働いている派遣先に在籍確認を行います。

 

以前は登録している派遣元にだけ確認を行っていました。しかし派遣会社にはたくさんの派遣社員が登録されています。個人名だけで問い合わせをされても確認が取れない、ということが多かったため、現在は基本的に派遣先に電話が入るようになっています。

 

派遣先で確認が取れなかった場合にのみ、派遣会社に在籍確認を行うようです。たとえば、派遣先の会社からさらに別の職場に派遣された場合は、派遣会社の方に電話がいくのではないでしょうか。

 

アルバイトの場合は働いている会社、つまり勤務先に連絡が入ることになります。

 

電話の内容は正規雇用の場合と同じです。会社名は名乗らず個人名での連絡となりますから、周囲にばれる可能性はないでしょう。

 

とはいえ、職種や職場によっては、電話がかかってくること自体が不自然に思われてしまう状況というのもあると思いますから、前もって在籍確認があることを職場に伝えておくと怪しまれずに済みます。

 

その際は、「クレジットカードを作るので、在籍確認がある」、「保険会社から確認の電話がある」などが、言い訳としては無難です。派遣社員の方は、念のために派遣先と派遣会社、両方に断っておくとよいかもしれません。

 

また、どうしても在籍確認をしてほしくない人は、前述のように、在籍確認なしで審査を受けることができる消費者金融を選ぶという選択もあります。

 

書類による在籍確認は、正社員だけでなく、派遣社員やアルバイトの方でも利用することができます。収入証明書や勤務先の社員証(名前がわかるもの)など、社員でなければ手に入らないような書類が提示できれば、それが在籍確認になります。

 

必要書類を用意して、案内通りに提出すれば完了します。ただし、利用できる企業が一部に限られることや、利用限度額が希望より低く設定されるデメリットがあるので、よく検討してから利用するようにしましょう。

 

なお、アルバイトの場合、学生の方もいると思います。アコムでは、「20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能」と規定されています。学生でも、10代ではなく20歳以上で、安定してアルバイトをしていれば、審査は可能となります。

 

自営業者、個人事業主への在籍確認はどこに連絡があるの?

自分で会社やお店などを経営している自営業者の方は、自分の会社に在籍確認の電話がきます。電話内容はサラリーマンの場合と変わりません。

 

自宅と事務所が別ならば簡単ですが、家族経営で奥さんが電話を取るような場合は、「昔の同級生から、同窓会の案内」など、自然な言い訳を考えておきましょう。

 

作家やWebデザイナーなど、フリーランスで仕事を請け負って報酬を得ている、個人事業主の場合は、在籍確認は普通に自宅にきます。

 

ただ、個人事業主は勤務先があってないようなものですから、収入証明書を提出してもらって、書類審査で済ませるという金融機関が多いようですね。

 

専業主婦の在籍確認はどこに連絡があるの?

専業主婦

キャッシングは、「仕事に就いていて一定の収入がある人」が契約対象です。そのため、審査の際には収入証明書の提出や職場への在籍確認が必要になってくるのですが、では専業主婦の方がキャッシングをした場合、それらの手続きはどうなるのでしょうか?

 

特に、主婦の方がキャッシングを利用するときは、いろいろな理由で旦那さんには内緒でちょっと借りたい、というケースが多いですから、もしも旦那さんの勤務先や他の家族に在籍確認の電話が行ったりするといやですよね。

 

まず基本情報として、専業主婦の方(パートやアルバイトなどもしていない方、と考えてください。パートなどをしている場合は条件が変わってきます)がキャッシングをする場合は、銀行のカードローンになります。

 

消費者金融での借り入れは、総量規制のためできません。なんとなく逆のイメージがあるのですが、これは意外ですね。総量規制というのは、融資額の上限を利用者の年収の3分の1までとする、というものです。

 

ただ、あくまで安定した収入のない専業主婦の場合です。パートやアルバイトなどでも継続した収入があれば消費者金融で審査可能となっています。アコムでも、「ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能(※専業主婦は除く)。」となっています。

 

さて、専業主婦の方が契約申し込みをした場合の在籍確認ですが、本人の携帯電話か、ない場合は自宅の固定電話に連絡があります。

 

訊かれるのは「氏名」、「生年月日」くらいで、電話の内容は会社勤めをしている場合よりもさらにシンプルです。あまり必然性も感じられないですし、在籍確認をすることが原則になっているので形式的に行っているのかもしれませんね。

 

というわけで、旦那さんの職場に電話がかかることはありません。審査が厳しいイメージのある銀行のカードローンですが、主婦の借り入れに関してはずいぶんとハードルが低く設定されている印象です。

 

専業主婦のお宅は旦那さんの収入で家計をまかなっているわけですから、銀行としては、その事実をもって、配偶者に一定の収入があると判断して、あまり細かいせんさくはしない、ということのようです。

 

また、借り入れ限度額の低さも理由のひとつでしょう。ちょっと確認してみると、たとえば三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行は借り入れ上限額は30万円まで、楽天銀行、自分銀行、イオン銀行などは50万円までとなっています。

 

一般的な家庭の収入を想定した場合に、貸し倒れにならないと思われる範囲で融資を行うため、比較的スムーズに借りることができるわけですね。

 

急な出費で生活費が足りない、という場合は、このように家族に内緒で銀行のローンを利用することもできます。ただ、滞納すると郵便物などが届いてしまいますので、その点は注意しましょう。

 

在籍確認が土日にかかってしまったら?

土日でも在籍確認の作業は行われていますが、一般企業はほとんど土日は休業なので、会社への在籍確認は基本的に月曜日を待って電話になります。でも、休日出勤して自分で電話を受ける、という方法もできるようですよ。

 

消費者金融では、限度額を少し引き下げるという条件で、先に融資をして、あとから在籍確認を取るという措置を行っているケースもあります。利用を急ぎたい方は相談してみるとよいでしょう。

 

在籍確認にアリバイ会社の利用は有効?

はじめに書いておきますが、アリバイ会社は絶対に利用しないでください。

 

もし、このアリバイ会社に登録すると、ペーパーカンパニーの勤務先情報がもらえます。申し込みの際は勤務先欄にその情報を記入すれば、アリバイ会社の方が電話を受けてくれる、というシステムです。職に就いていない方、審査通過しづらい職業の方がキャッシングする場合に、利用されることがるようです。

 

アリバイ会社は、発覚すると契約解除になり、借り入れ金の一括返済などの重大なペナルティが発生します。勤務先に電話がかかるのが不安、という理由で利用するのは、リスクが大きすぎます。当サイトでは、このような虚偽の申告は絶対にあってはならないと考えています。くれぐれも、利用はしないように。

 

考える女性

 

記載する勤務先の電話番号は、代表電話? 自分の部署?

電話は「会社の代表番号」や「人事課」ではなく、契約申し込みのときに申告した番号にきます。申込書の「勤務先情報」の欄には、直接電話を取れるように「自分の部署の番号」を連絡先として書くとよいでしょう。なお、プライバシーを配慮し、金融会社の名前は名乗らず、担当者の個人名などを名乗ります。

 

担当者が社名を名乗ることは本当にないの?

在籍確認の流れ

やっぱりいちばん心配なのは、勤務先に電話が入ったときに、消費者金融や銀行の名前を名乗って、会社や同僚にバレる、ということですね。

 

担当の方が社名をいうことはまず100%ありません。金融機関もキャッシングを行うことがデリケートな問題であることを心得ています。消費者金融の場合は社名は名乗らず、個人名を告げて在籍確認を行う、これは絶対です。

 

銀行のキャッシングを利用した場合は、「○○銀行です」と行名を告げることもありますが、銀行の電話は特に怪しまれることはないのではないでしょうか。もしも何か聞かれたら「口座を作ったので」などと答えておくといいですね。どうしても気になる方は、希望すれば消費者金融のように個人名で電話をしてくれます。

 

嘘の会社名を名乗ってもらえる?

個人名が逆に嫌なので、嘘の会社名や、偽名を名乗ってもらうことは可能でしょうか。

 

たとえば、営業マンの方なら、取引先の会社名を名乗ってもらったり、役所や、息子の通う学校名を名乗ってもらうといったことです。

 

確かに、不自然でない電話を装えますが、残念ながらこのような対応は行ってくれません。

 

通知設定は?

電話の通知設定については、基本的に非通知でかけてきます。もし、非通知だと電話がつながらない設定になっている会社の場合は、通知でかけ直すことになります。

 

着信履歴をいちいちチェックしてかけ直す会社は稀だと思いますが、もし、その着信履歴を見て折り返しかけ直した場合は、サービスセンターなどと名乗る消費者金融が多いようです。

 

日時の指定は可能?

日時の指定は、聞いてもらえるケースが多いようです。ただし、在籍していないのに、在籍を装う工作にもとらえられかねませんので、1週間の夏休みなど、特別な理由がない限り、日時は指定しない方がよいでしょう。

 

また、勤務時間帯が日中なのに、早朝や深夜などを指定するのも怪しい行為です。

 

性別の指定はできる?

若い女性から個人名で電話がかかってくると、浮気や不倫しているのでは…とあらぬ嫌疑をかけられる要因になることも。

 

オペレーターの性別については、基本、相談可能ですので、ネット申込み後のオペレーターからの確認の際に、性別の希望がある旨、伝えましょう。

 

休職中の場合は?

傷病や出産など、休職中の場合はどうでしょうか。

 

これは、申し込んだ消費者金融や銀行によって対応が異なるため、なんとも言えません。

 

電話応対した場合、いろいろ質問される?

住宅ローンの在籍確認の場合は、電話口で勤続年数や勤務実態についてあらためて聞かれるケースもあるようですが、ここで解説しているような個人向けフリーローンでは、基本的に、在籍確認の電話であれこれ質問されることはありません。

 

自分が不在中に電話がきたら?

自分が会社にいる場合はすぐに電話にでて在席確認を完了することができますが、もし不在のときはどうなるのでしょう?

 

電話にでた同僚の方から、休職中であったりすでに退職していたりせず、普通に勤務していることが確認できれば、それで在籍確認は完了となります。再び電話がかかってくることはありません。

 

応対した人が、用件をしつこくたずねたら?

電話に応対した人によっては、「ご用件は何でしょうか?」とか「なぜ勤務先にわざわざかけていらっしゃったんですか?」など、電話の理由を審査担当者に問いただすかもしれません。

 

でもこうした場合でも、担当者の方が、消費者金融であることや、キャッシングの在籍確認であることをもらすことはありません。というのも、貸金業法で、融資に関する個人情報を第三者に告げることは違法と定められているのです。

 

審査担当者の方もさまざまなケースに対応できる、スキルと経験をそなえています。安心してもよいでしょう。

 

それでも同僚にバレるケースとは?

いちばんには、電話の応対に出た同僚がキャッシング経験者の場合です。実体験がありますから、電話の内容から、もしかして、と感づかれることはあるでしょう。

 

また、キャッシングとは気づかれなくても、会社に個人名でかかってくることはあまり自然ではないので、何となく怪しまれていろいろせんさくされる、という可能性もあります。

 

応対した方が折り返し電話をかけなおしたために、消費者金融につながってしまい、バレた、というケースもありました。この3つ目のケースは言い訳のしようがないので、電話にでた方に口止めするしかないですね。

 

たずねられた場合の言い訳は?

すでに例としてあげた、「クレジットカードの在籍確認、「保険のおばちゃんから」「銀行の口座開設」というのはかなり使える言い訳です。

 

クレジットカードは、実際には在籍確認が行われることは少ないようですが、そうした事情に通じている方は少ないですから、大丈夫でしょう。

 

個人名で電話がきたことを怪しまれたら、「親戚」と答えるのが無難です。電話の理由は、「結婚式」のようなお祝い事だと「誰が結婚するの?」など会話が膨らむ危険がありますから、「今度法事があるので」がよいと思います。

 

在籍確認の電話は女性が行うことが多いですが、そこを怪しまれそうならば、事前に頼めば年配の方や、男性スタッフがかけるように調整してもらえます。

 

それから、言い訳するときは、後ろめたい気持ちを捨ててきっぱりと言い切りましょう。ばれるのを恐れてどきどきしていると、逆にそんな態度を不信に思われてしまいます。

 

こうした工作が大変だと感じる方は、やはり在籍確認の電話なしの消費者金融で借りるのがベスト、ということになります。

 

キャッシングで必要な収入証明とは

キャッシングを申し込むときに、「収入証明が必要になります」という文字をみかけることが多いと思います。

 

収入証明とは、文字通り、申し込んだ人にどのくらいの収入があるのかを証明するための書類です。確実に返済できるだけの収入があるかどうかを判断する他、消費者金融の場合は融資額が総量規制に違反しないかをチェックするためでもあります。

 

総量規制では、貸付の限度額を年収の3分の1までと規定しており、そのため消費者金融は融資を行う際、収入証明を提出してもらって確認することが義務づけられています。ただし、キャッシングの金額によっては、収入証明不要としている消費者金融もあります。

 

銀行のカードローンは、総量規制の対象ではありませんが、融資額が大きくなると、同様に収入証明の提出を求められます。

 

収入証明書にはいくつかの種類があります。自営業の人は、課税証明書や確定申告書が収入証明になります。サラリーマンの方はこれらの他に、給与明細書や源泉徴収票を利用することもできます。

 

収入証明になる書類が手元にないときは、源泉徴収票は会社で、課税証明書は納税している市町村役場で再発行してもらうことができます。

 

源泉徴収票は会社によっては再発行に日数がかかることがありますから、急ぐ方はすぐ発行される課税証明書を利用しましょう。

在籍確認がイヤ! 電話なしで借りれるの?

会社で仕事中の女性

 

少額融資にすれば在籍確認は避けられる?

借り入れが少額の場合、会社によっては在籍確認の電話なしで融資してくれることがあります。

 

自動契約機の使用が必須だったり、特定の本人確認書類が必要だったりと条件はありますが、メリットは大きいです。

就業の実態があるかどうかを勤務先に電話で確認する、在籍確認。電話を避けたい方は、消費者金融のオペレーターさんへの相談や、モビットのWeb完結申し込みサービスを利用する方法を紹介しましたが、他に方法はないのでしょうか?

 

たとえば、少額借り入れの場合はどうでしょうか。消費者金融でもカードローンでも、借り入れ可能額が「1〜○○万円」と設定されている業者が意外と多いです。1万円程度の借り入れであれば、在籍確認の電話なしでポンと融資してくれそうですが……?

 

まず、残念ながら大手消費者金融では、少額融資ならば在籍確認なし、という業者はないようです。基本的に1万円でも1000円でも(こんな少額融資はないですが)、在籍確認は必ずありますよ、というわけです。

 

ですが!

 

がっかりして画面を閉じないでくださいね。実は銀行のカードローンの方に、「少額の借り入れであれば原則として在籍確認の電話なし、または行わない可能性がある」としているケースがあるのです。主な銀行ローンの、少額融資と在籍確認の扱いを見てみましょう。

楽天銀行カードローン 大手ネットショッピングサイト、楽天で運営しているネット銀行、楽天銀行(旧e-BANK)が提供しているスーパーローンは、30万円以下の借り入れは、在籍確認を行わない可能性があります。

 

なんだか不明瞭な表現で申し訳ないですが、楽天銀行としては、「融資額にかかわらず、在籍確認は必ず行います」という方針なのです。でも、利用した方の体験談によると、実際には少額融資だと在籍確認が必要なかった、というケースが多いようです。

三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」も、条件をクリアすれば在籍確認の電話なしでの借り入れが可能です。条件は、
  1. 100万円以下の借り入れ(太っ腹ですね)
  2. 「テレビ窓口」で契約する
  3. 運転免許証の提示
  4. 即日審査、即日融資を選択する

この4点になります。

 

テレビ窓口は三菱東京UFJ銀行の各支店に設置されている自動契約機で、モニター越しにオペレーターとやり取りしながら契約するものです。テレビ窓口で審査をしてもらい、そのまま「即日融資」を選択すると、その場でローンカードが発行されます。これで契約は完了ですから、会社などへは在籍確認なしということになります。支店が近くにある方は利用してみるとよいと思います。

オリックス銀行カードローン 在籍確認は原則的に必須で、回避はできません。
三井住友銀行カードローン 最短30分で融資が受けられるスピードが特徴です。審査書類が不要、少額融資だと、少ない記入項目で申し込める、「かんたんお申込」サービスなどがありますが、在籍確認は省略できません。
新生銀行カードローンレイク 「少額ならば在籍確認はしない」という口コミもありましたが、情報元や詳細が不明です。在籍確認は必須のようです。
イオン銀行カードローンBIG 在籍確認はありません。融資額にかかわらず、基本的に行わない、というシステムです。

 

カードローンBIGを利用するためには、イオン銀行の口座を持っているか、または契約する際に開設する必要があります。
口座の利用をもって在籍確認に換える、ということのようです。そのため、借り入れ額が大きくなっても在籍確認はなし。ただし絶対ではなく、条件その他によっては電話があるようです。

 

在籍確認されたのに、審査落ちするケースもあります

オフィスの電話

 

在籍確認ができないとそこで落とされてしまうこともあります。確実に対応できる番号を記入したり、職場の方に言っておいて、取り次ぎ漏れを防ぎましょう。

在籍確認は気が重いですが、しかし一方では、在籍確認の電話がかかってくるということは、書類による審査が進んでいる可能性が比較的に高い、融資してもらえる可能性が比較的に高いということです。

 

ですが、在籍確認までいったのに、審査落ちした、という方も中にはあります。

①申し込み内容に虚偽があった場合 「もう退職した会社名を書いていた」というケースは、けっこう多いようです。無職で収入がないと基本的に断られますから、先月まで勤めていたのならいいのでは、と、退職済みの社名を書いてしまうのかもしれませんが、在籍確認すればわかってしまいますし、わかるとその時点で落選です。

 

また、契約申込書で勤務年数の欄が空欄になっており、確認してみたら勤務してまだ1〜2ヵ月だった、というようなケース。このケースは正確にいうと虚偽ではありませんが、信用は損なわれますし、落とされてしまう確率が高いですね。

②在籍が確認できなかった場合 こちらはアンラッキーなケースですね。在籍確認は、とにかく契約希望者がその会社に勤めていることが確認できればいいので、「今は外出していますが……」とか、「今日は休んでいますが……」という応答でもまったくかまわないのです。でも、そうした回答すら得られないと当然、在籍していないと判断されてしまいます。

 

たとえば応対した方が電話を怪しんで「そういう人はいませんが」とブロックしてしまった場合が考えられます。また、比較的規模の大きな企業になると同姓同名の社員もいるため、「名前だけではわかりかねます」と断られてしまうこともありますし、最近は個人情報保護という理由から、特定の社員が在籍しているかどうかは返答しない、というケースも多いようです。

 

大企業勤務の方は、自分が勤務している部署の電話番号を書いた方が確実です。また、在籍確認の電話がいつ頃あるのかは審査担当者に聞くとわかりますから、「クレジットカードを作るので電話があるかもしれない」となどと周りの人に一言断っておく、時間指定ができる金融会社ならば申し込みのときに頼んでおくなどの対策があります。

 

キャッシングの審査はいわば「合格にするための試験ではなく、ふるい落とすための試験」なのです。きちんと返済してくれるかどうかは契約の段階ではわからないですから、ちょっとでも気になる点があるとすぐに落とされてしまうのですね。契約できるまでは気を抜かない方がいいようです。

 

ちなみに、クレジットカードの場合の在籍確認は……?

ちょっと閑話休題。クレジットカードを作るときはどうなるのでしょうか?

 

クレジットカードの場合も入会審査のときに在籍確認はあることになっています。でも、実際にクレジットカード会社から勤務先に電話がかかってきたというケースは、あまり多くありません。

 

最近は「即日発行」などスピードを売りにしているカードが多いため、いちいち在籍確認は行わない、というのがおもな理由のようです。
また、クレジットカードも信用取引ですが、キャッシングとは少し違うため、あまり厳密でないのかもしれませんね。

 

ただ、現在キャッシングを利用していたり、過去に返済の滞納履歴があったり、クレジットカードを作るのがはじめてだったりといった方の場合は、在籍確認が行われるケースがあるようです。
信用度が高くない場合、ということですね。

 

でもその場合も、前述のキャッシングと同じように、カード会社であることは伏せて、かんたんなやり取りが行われるだけですから、それほど神経質に心配することはありません。

 

在籍確認を避けるために勤務先情報を空欄にしたりすると、信用度が下がってカード審査自体に落ちてしまうことになりますから、きちんと記入した方がいいですよ。